転職の心得

転職エージェントの初回面談を当日キャンセルしても大丈夫?具体的な手順と対策を紹介!

この記事でお伝えしたいこと

転職エージェントとの初回面談を当日キャンセルしたとしても、社会人として節度のある行動が出来ていれば問題ない

相手を不快に感じさせない当日キャンセルのやり方

  • 転職エージェントとの初回面談を当日キャンセルすることはできるの?
  • キャンセルしたことにより転職エージェントの対応って変わってしまう?

本日、転職エージェントとの初回面談を控えているけど急用が入ってしまい、どうしてもキャンセルしなければいけなくなってしまい、とても不安になられている方はおりますでしょうか?

 

この記事では、そのような方に向けて次の3点をご紹介します。

  • 当日キャンセルしても問題ない理由
  • その後の転職活動に影響が出ない当日キャンセルのやり方
  • 【当日キャンセル編】こんな転職エージェントはすぐに変更した方がいい

 

私の結論としましては、

  • 不測の事態による当日キャンセルは仕方ない
  • 当日キャンセルする場合は社会人として節度のある行動を取ろう
  • 当日キャンセルに関わらず、自分の利益しか考えていない転職エージェントは早めに切ること

になりますので、この記事を参考に行動していただくことで今後の転職活動への影響を最小限に留めることができます。

 

私の転職歴は次の通りです。

  • 現在、IT企業に勤めている社会人5年目
  • 過去に2度の転職を経験
  • 1度目はスキル、2度目は年収アップを実現
  • 今までに利用した転職エージェントは計10社
  • 現在は外資系コンサル企業の現役SE

 

本記事から学べること
  • 本業でも転職活動でも失敗した後の行動が全てを決める

 

本記事を読み行動することで得られるメリット

  • 当日キャンセルしても、しっかり対応すればその後の転職活動に支障は出ない
  • 当日キャンセルに関わらず、良くない転職エージェントを早めに切ることで転職活動の成功確率がアップする

 

行動しないことによるデメリット

  • 好条件の求人が紹介されにくくなる
  • 転職活動のサポートの質が悪くなる
  • 転職エージェントにとって都合の良いように求職者にされてしまう

 




転職エージェントとの初回面談を当日キャンセルしても問題ない理由

転職エージェントに限らず、本業でも当日キャンセルは良く起こりえます。

そのため、当日キャンセルが必ずしも悪いと言うわけではなく当日キャンセルする場合の対応が極めて重要になります。

次の2つのポイントを意識しておけば、転職エージェントとの初回面談を当日キャンセルしたとしてもそこまで影響は出ません。

  • キャンセルの連絡は早めに
  • 可能な限り1週間以内に次の予約を取り付ける

 

転職エージェントへの当日キャンセルの連絡は早めに

社会人でなくても当たり前だと思いますが、キャンセルしなくてはいけないことが分かった時点で転職エージェントに連絡しましょう。

急な残業などもあると思いますので、遅くとも開始1時間前には連絡してください。

そして、ビジネスの観点からはあまり好ましくありませんが、古き良き日本の習慣に従い、まずは電話連絡の方が好印象です。そして、メールで次の約束を取り付ける方法であれば当日キャンセルがその後の転職活動に影響を与えることはありません。

※もちろん電話ができない状況であればメールのみでの連絡でも可能。

 

当日キャンセル後、可能な限り1週間以内に転職エージェントとの初回面談の予定を取り付ける

当日キャンセルされた転職エージェントは「この人、本気で転職活動する気はあるのだろうか?」と考えます。

このマイナス評価を取り戻すためには、転職活動への本気度を示す必要があります。

本気度を示す行動として、最も簡単で効果的な行動は「次の約束を1週間以内に取り付ける」ことです。

転職活動が本気でないと判断されてしまったら、本気でやっている他の求職者を優先的にサポートするため、メインでは利用しにくい転職エージェントになってしまう恐れがございます。

1週間以内であれば転職エージェントも「この人、本気なんだろうな」と考えますが、それより先の場合、転職エージェント自体がその人のことを忘れてしまい、履歴に当日キャンセルが残っている状態になってしまうので例え正当な理由でキャンセルしたとしても、マイナス評価から転職活動をスタートせざるを得ない状況に陥ってしまいます。

そのような場合はすぐに別の転職エージェントに登録し、そちらで転職活動を進める方が圧倒的に効率よく転職活動を進めることができます。

【20代向け】実際に利用して良かったおすすめの転職サイトと転職エージェント【最適な組み合わせも紹介!】 この記事でお伝えしたいこと 実際に利用して良かったおすすめの転職サイトと転職エージェント 20代の【目的別】転職サイ...
【30代向け】年収/スキルアップを狙えるおすすめの転職サイトと転職エージェント【最適な組み合わせも紹介!】 この記事でお伝えしたいこと 実際に利用して良かったおすすめの転職サイトと転職エージェント 30代の【目的別】転職サイ...
【第二新卒向け】実際に利用して良かったおすすめの転職サイトと転職エージェント【最適な組み合わせも紹介!】 この記事でお伝えしたいこと 実際に利用して良かったおすすめの転職サイトと転職エージェント 第二新卒の【目的別】転職サ...

 

 

その後の転職活動に影響が出ない初回面談の当日キャンセルのやり方

上記でも少し触れましたが、当日キャンセル後の転職活動に影響が出ないやり方についてご紹介します。

こんな対応方法でいいのかな?

と不安に思われている方は参考にしてみてください(^^)

 

  1. 面談当日に急用が入る
  2. 転職エージェントに電話でキャンセルする旨つたえる
  3. 電話の後、メールで再度キャンセルの旨つたえ、次の面談日の候補を併せて送信する
  4. 転職エージェントの返信にはすぐに回答する

 

仕事の上司や取引先と同じように誠意を持って対応していただければ、その後の転職活動に影響が出ることはございません。

しかし、無料で利用できるからといって適当にあしらってしまう(無連絡での当日キャンセルなど)とその後、転職エージェントを利用した転職活動にかなりの支障が出てしまいます。

どうでもいい転職エージェントなら問題ありませんが、どうでもいいかどうかは面談して求人が紹介されるまでは分からないと思いますので、くれぐれも適当な対応をしないように心がけましょう!

 

 

【当日キャンセル編】初回面談後、こんな転職エージェントはすぐに変更した方がいい

当日キャンセル後の転職エージェントの対応によってすぐに対応が必要になる場合がございます。

すぐに変更した方がいい転職エージェントの特徴は次の通りです。

  • 5割以上の求人が希望条件に合っていない
  • 条件に合っていない求人にも半ば強制的に応募させてくる
  • 選考辞退をなかなか認めてくれない

 

このような転職エージェントは「自分の利益」しか考えておりませんので、すぐに対策が必要になります。

 

そして、次の2つの対応方法が考えられます。

  • 別の転職エージェントに追加で登録する(
  • webサイト上から担当の転職エージェントの変更を依頼する(

 

私のおすすめは「別の転職エージェントに追加で登録する」になります。理由は、大手と言われる転職エージェントは10弱程度ありますので、自分に合った転職エージェントを見つけていただく方がより転職活動を成功させる確率が上がります。

もし、その転職エージェントにしかないサービスを利用したい場合であれば、「担当の転職エージェントの変更を依頼」し、新しい担当の方と一緒に転職活動を進めていただければ問題ございません。

 

ちなみに1回目の転職活動では、実際に自分に合わない転職エージェントに当たってしまい、変更を依頼しました。(変更はネット上で依頼するだけ)変更後の方は自分の性格にあった方であり、結局その方に勧めていただいた企業に転職しました。

 

転職を始めた当初は「担当の方を変えてもいいのかな?」、「担当の方に迷惑がかからないかな?」と躊躇していましたが、転職は自分のために行っている活動であるため時間と労力を無駄にしないためにも勇気を出して担当の転職エージェントの変更を依頼しましょう。

※当時、変更したからと言って何か文句を言われるようなことは一切ありませんでした。

 

 

さいごに:転職エージェントって無料で利用できるから初回面談を無断で当日キャンセルしてもいい!という考えはNG

この記事では、転職エージェントとの初回面談を控えているけど急用が入ってしまい、どうしてもキャンセルしなければいけなくなった方に向けて、今後の転職活動への影響を最小限にする当日キャンセルのやり方をご紹介しました。

 

私の結論としましては、

  • 不測の事態による当日キャンセルは仕方ない
  • 当日キャンセルする場合は社会人として節度のある行動を取ろう
  • 当日キャンセルに関わらず、自分の利益しか考えていない転職エージェントは早めに切ること

になります。

 

そして具体的な行動としましては、

  1. 面談当日に急用が入る
  2. 転職エージェントに電話でキャンセルする旨つたえる
  3. 電話の後、メールで再度キャンセルの旨つたえ、次の面談日の候補を併せて送信する
  4. 転職エージェントの返信にはすぐに回答する

になります。

 

最後に、そこまで対応したとしても転職エージェントの質が悪かった場合、次の2つの方法から対策が可能であることをご紹介しました。

  • 別の転職エージェントに追加で登録する(
  • webサイト上から担当の転職エージェントの変更を依頼する(

 

今回のようにやむを得ず予定を変更しなくてはいけない状況は社会に出ていれば必ず起こりうることになります。大切なのは「相手に迷惑をかけたときに自分がどのように行動するか」です。この記事でご紹介した内容は転職エージェントだけでなく一般的な社会でも必要とされる対応になります。

 

この記事をお読みいただき過去に「失礼な態度をとってしまった」や「必要以上に気を遣いすぎてしまった」と感じているようであれば、次に同じような状況に遭遇したときからは意識的に行動を変えてみるようにしてみてください。

 

転職活動は特に味方が増えれば、精神的にも安定しますし、よい結果もついてきます!

 

これから条件に合った企業に転職できるか不安な気持ちが大きい方も多いと思いますが、焦らず社会人として適切なコミュニケーションをとるように意識していただければ必ず道は開けますので、今後の転職活動をぜひ頑張ってください。

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。この記事が転職活動で苦労している方にとって少しでも参考になれば嬉しい限りです。

 

今後も転職に関する情報を積極的に発信して参りますので、興味のありそうなタイトルがありましたらぜひご覧になってください!

それでは!