休職メモ

【質問:休職中に転職活動をしてもよいか?】結論:どんどんやってください

[st-kaiwa1]精神的に辛くて会社を休職中です[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]それは可哀想に・・・。それで今日はどんな相談なの?[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]もう今の会社には戻りたくないので、転職活動をしようと思っております[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]そうなんだね・・[/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]休職中の転職活動で何かポイントはありますでしょうか?[/st-kaiwa1]

[st-kaiwa2 r]いくつかあるからきちんと覚えて転職活動に臨んでね![/st-kaiwa2]

[st-kaiwa1]わかりました!それでは本日もお願いします![/st-kaiwa1]

結論

結論:もう会社に戻りたくないと感じていれば、転職していい

[st-card id=586 label=” name=”]

 

本日は休職中の方向けに転職活動を始める際のポイントを実体験を踏まえてお伝えさせていただきます。

その前に・・・

[st-midasibox title=”私の転職活動歴” fontawesome=”” bordercolor=”” color=”” bgcolor=”” borderwidth=”” borderradius=”” titleweight=”bold”]

  • 2017年4月:仕事が辛くうつと診断される
  • 2017年4月:翌日から休職期間に突入する
  • 2017年7月:3ヶ月間、家で休養を取るが復帰の見込みが立たず休職を延長する
  • 2017年8月:退職を決意する(まだ上司には伝えていない)
  • 2017年8月:転職エージェントに登録し、カウンセリングを行う
  • 2017年9月:転職活動を本格的にスタート(平日はほぼ毎日面接)
  • 2017年10月:4社から内定をいただく+上司に退職の意向を伝える
  • 2017年11月:新しい会社に転職

[/st-midasibox]

の流れで私は休職中に転職活動を進めておりました。

[st-mybox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle” color=”#424242″ bordercolor=”#FFA07A” bgcolor=”#fff5ee” borderwidth=”2″ borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

体調が戻らなければ無理に復帰せず休職を延長すること

転職エージェントに休職中であることを必ず伝えよう

転職は在籍時に実施する方が圧倒的に有利

面接の際は聞かれたことにのみ答えよう

会社の規定を確認の上、上司に退職の意向を伝えよう

[/st-mybox]

 

体調が戻らなければ無理に復帰せず休職を延長すること

ここが一番重要

転職活動の有無に関わらず、体調が戻らなければ無理に復帰する必要はございません。
私も休職当初は休職期間の3ヶ月で必ず復帰しなければいけないものだと思い込んでおりましたが、
全くそんなことはなく。かかりつけの病院で診断書を貰えば簡単に休職期間を延長することができます。

最終的に私は休職期間を3回延長したのち、退職しました。
休職期間中の給与は満額の6割程度は出ますので、ひとり暮らしでもお金の心配は全くございません。

 

転職エージェントに休職中であることを必ず伝えよう

バレたら最悪転職エージェントを利用できなくなる恐れがある

休職状態になることは全く悪いことではありません。
ただし私もそうでしたがどこか後ろめたさがありますよね?
今も昔も休職中に転職活動を行う方はたくさんおります。
そのため転職エージェントは休職中の転職活動に関して多くの知見・経験がありますので、
必ず休職中であることは伝えるようにしましょう!

 

[st-card id=588 label=” name=”]

[st-card id=590 label=” name=”]

転職は在籍時に実施する方が圧倒的に有利

在籍中 or 離職中で企業の採用に大きく影響する

理由は様々ですが会社を一旦辞めてから転職活動を始められる方は多くおります。
ただし、①休職→退職→転職活動の場合、いくら面接でアピールしたからと言って、すぐに働ける状況であるか企業側の目がシビアになります。
逆に、②休職→転職活動→退職の場合、休職中ではあるが精力的に転職活動を行えているため、企業側は採用したらすぐに働いてくれるだろうと思います。
そのため、②の方が採用してもらえる確率が上がりますので、できる限り退職する前に転職活動を行いましょう!

 

面接の際は聞かれたことにのみ答えよう

自ら休職に至った状況を伝えることはマイナスポイント

企業との面接の時、
休職に関して一切触れられないことがあると思います。
そのような場合、休職期間はあるがうちで戦力として活躍してくれるであろうと面接官が思っている証拠ですので、
あえて転職に至った状況を伝えてマイナスされないように気をつけましょう。

しかし休職について聞かれる場合は、正直に答えましょう!
転職エージェントと企業の採用担当はコンタクトを取っているので、嘘をついたらバレます笑

 

会社の規定を確認の上、上司に退職の意向を伝えよう

退職届けの提出は退職日の1ヶ月前が多い

最後に、
転職活動が無事終了し内定日も決まった段階で、一旦現職の退職に関する規定を確認しましょう。

そこで退職届の提出期限が記載されているかと思いますので、必ず上司に連絡を取り対応するようにしましょう。
もしも退職届の提出期限に間に合わない場合、内定先の企業に相談のうえ、内定日を遅くしてもらう等の措置を講じてもらいましょう。

 

さいごに

休職中の転職活動は自分の体調とよく話し合い、無理しない程度に取り組んでください!
無理をした状態で面接に行ったとしても面接官は見抜いてきますので、採用される確率は低くなるだけです。

また、もし相談やコメントなどございましたらツイッターのDMからご連絡いただければ必ず返信いたしますので、
一人で抱え込まず、いいように使ってくださいね!

ツイッター:https://twitter.com/gyo36279287