現代の仕事術

【仕事術】SEが転職で年収アップを実現するための働き方

弱虫ペンギン
弱虫ペンギン
近いうちに転職を考えているSEです。なるべく早く転職活動を始めたいと考えているけど、今の会社ではどのように働くことで年収アップに繋がる転職ができるのか知りたいです!また仕事のモチベーションが下がっていて困ってます。

今の会社や働き方に多少なりとも不満を持っている方がこの記事を読まれていると思いますが、転職により年収アップを実現したのであればいくつか意識して働き方を改善する必要がございますので、ぜひお読みください。

 

この記事を読んでいただいているということは転職前にきちんとご自身の状況を把握しているということでとてもGOODです。転職に関してそのままのモチベーションを保ちつつ年収アップのチャンスを掴んでくださいね!

 

一方で、この記事の内容と全く逆のことをやっている場合、年収アップどころか逆に転職を焦り年収がダウンしてしまう可能性もございますので、十分ご注意ください。(ちなみに、転職者の約4割は転職後年収が下がったという結果があります。)

 

さっそく結論になりますが、年収アップを考えているのであれば次の働き方を意識してください。

  • 社内で話せる人を増やす
  • 案件固有のスキルばかり磨かない
  • 客観的に評価できる実績を作る(持つ)

 

今回お伝えする働き方には「内定を取るための考え方」、「キャリアの軸の考え方」が含まれております。また、振り返ってみると私が転職で成功することができた当時の働き方は全て3つに集約されます。どれも大切であり、この後の章で必要な理由について説明しますので、引き続きお読みください。

 

すぐにでも転職を始めたい方は併せてこちらの記事もお読みいただけるとより効果的に転職活動を進めることができます!

【転職術】SEが年収アップを実現するための3つの戦略 まずはこの記事をお読みいただきありがとうございます。 上と同じような状況の方の大多数はとりあえずおすすめの転職エー...

 

この記事を読み終えた後に得られること
  • 転職を成功させるポイントが分かる
  • 転職の軸が明確になる

 

先に私の経歴についてお伝えしておきます。

  • 現在、IT企業に勤めている社会人6年目
  • 過去に2度の転職を経験
  • 1度目はスキル、2度目は年収アップを実現
  • 現在は外資系コンサル企業のSE
  • ブログを本格的に書き始めて2年目(まだまだヒヨッコです・・・)

 




 

SEが転職で年収アップを実現するため働き方

冒頭でもお伝えしましたが、年収アップを目的とした転職を考えている方がいますぐに実践すべき働き方は次の通りになります。

  1. 社内で話せる人を増やす
  2. 案件固有のスキルばかり磨かない
  3. 客観的に評価できる実績を作る(持つ)

 

その①:社内で話せる人を増やす

私も含めてSEの方って直属の上司や近くの同僚など、ある程度会話する人が限定されている職種かと思いますが、話せる人を増やしておきましょう

理由は、転職の面接では人事だけでなく現場の人とも会話する必要があり、その際に社内やチーム内でしか利用していない言葉で話してしまうと、非常にもったいない減点ポイントになってしまいます。

加えて、会話する人が固定していると徐々に視野が狭くなってしまい、物事を偏った思考で判断してしまう傾向がございます

ご自身の視野を広げるためにも会話できる人を増やす行動を取りましょう。

私のようなコミュ障でもできる具体的な行動は次の2つです。

  • 上司にやりたいことをアピールする
  • 興味のある社内研修を調べ、上司に相談する

 

そこまで難しくないことはご理解いただけたかと思います。

この2つの行動が自分の行動範囲と人脈を広げる第一歩になりますので、ぜひ試してみてください。

 

その②:案件固有のスキルばかり磨かない

続いては、いま会社で担当している案件のスキルばかり磨かないということを意識してください

現在の会社で昇進したのであれば、磨くべきですが転職を考えているのであれば、いまの案件の内容に加えてどこでも通用するスキルを仕事中に身につけるようにしましょう。

例えば、エクセル(VBA)の使い方、開発工程やクラウドに関する知識などです。

 

案件に関するスキルばかり磨いてしまいがちですが、意識することで今後自分の武器となるスキルを仕事中に磨くことができますので、今後転職を考えている方にはおすすめの働き方となります。

例えば、SalesforceSAPなど案件固有でないサービスを利用しているのであれば、そのままスキルを深めていきましょう。

つまり、転職時に年収アップを達成するための武器を1つでも2つでも身につけておく意識を持ってください。

 

その③:客観的に評価できる実績を作る(持つ)

最後に、客観的に評価できる実績を作っておきましょう。

その②に似ていますが、こちらは現在関わっている案件に関連した実績であると社内外での評価が上がるためGOODです。

 

ただし、実績ってなかなか難しいですよね。

 

おすすめが案件に関係のある資格を取得することで、面接時に「〇〇という案件で△△の担当をしておりました。そして、△△の担当になるにあたり□□資格を事前に取得し、結果としてスケジュール通りに成果を出すことができました。」と言えると面接ではかなり強く企業が求めているスキルと一致していればまず落とされることはないでしょう。

 

また現在関わっている案件に関係ない資格を取得し「現在は〇〇という案件に携わっておりますが、それと並行して△△分野のスキルを身につけております。そして、御社では〇〇で得たスキルと組み合わせることで、御社が強みとしている□□分野に貢献できると考えております。」といってもかなり評価は高くなります。(これがなかなか難しいのですが・・・)

 

つまり、物は言いようで面接で役立つ武器をなるべく多く身につけるようにし、あとは面接で「持っているスキル」×「応募企業が求めているスキル」を組み合わせて会話できるようにしておけば転職活動もあまり苦労せず突破できます!!

以上が、転職で年収アップを考えている方が行う働き方の説明になります。

 

さいごに:転職活動は準備が一番大切!

ここからまとめに入ります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事では、近い将来に転職活動を始めようと思っている方に向けて、年収アップするための働き方を私の経験を交えてお伝えしました。

結論としては、以下のことを意識することで転職により年収アップを実現することができます。

  • 社内で話せる人を増やす
  • 案件固有のスキルばかり磨かない
  • 客観的に評価できる実績を作る(持つ)

 

一見、転職活動にあまり関係なさそうに見えますが、これらを意識することで「内定を取るための考え方」、「キャリアの軸の考え方」が身につきますので大変かもしれませんが意識的に行動することをお勧めします。

 

さいごに、最近は「とにかく転職活動を始めよう!」といった謳い文句をネット上でよくみますが、何事にも「準備」が重要になってきます。もちろん何も準備せず転職活動(=転職エージェントの登録)を始めることもできますが、そのような方はどう転んでも後悔することになりますので、この記事をお読みいただいた方は目標と戦略をきちんと立てて行動するようにしましょう!

 

私には特にメリットがございませんが、この記事を読んでいくれたみなさまの転職が成功してくれると嬉しいです!!!