転職

【徹底比較】ビズリーチと大手転職エージェントの違い【結論:目的によって組み合わせるべし】

『転職エージェントってエージェントサービスとスカウトサービスがあるらしいけど、自分にはどちらが向いているか分からない』

これから転職を始めようと思い、まず転職エージェントについて調べた。その結果どうやら転職エージェントには大きく分けて2種類のサービスがあるらしい。

ここまで理解されている方でも「じゃあ自分はどの転職エージェントを使えばいいの?」と迷ってしまいますよね。

 

この記事では、どちらのタイプの転職エージェントを利用したらより目的にあった転職を実現できるかについて私の実体験を基にご紹介します。

既にご存知の方も多いと思いますが、転職エージェントには大きく分けて「エージェントサービス」と「スカウトサービス」の2種類がございます。

 

エージェントサービスとは、担当の転職エージェントとキャリアビジョンの明確化、書類・面接対策など二人三脚で転職活動を進めるサービスになります。dodaやリクルートエージェントなどがエージェントサービスとして有名な転職エージェントになります。

 

一方でスカウトサービスとは、職務経歴書をアップロードするだけで、企業の採用担当またはヘッドハンターから「うちの会社に応募してみませんか?」といったスカウトメールが送られてきます。そして、興味を持った求人に応募し選考に進みます。こちらはビズリーチが最も有名な転職エージェントです。

 

ここまでの説明で「私の場合こっちのサービスを利用すればいいのね!」となった方は早速登録し、転職活動を始めてください。

 

しかし、ほとんどの方はまだどちらのサービスを利用すれば良いかピンと来ていないかと思いますので、ここからはエージェントサービスとスカウトサービスを比較の上、「こんな目的ならこれがおすすめ!」「こんな目的なら〇〇と△△を組み合わせるべし!」など目的別におすすめのサービスをご紹介いたします。

 

ちなみに今回登場するエージェントサービスとは「doda」や「リクルートエージェント」を指し、スカウトサービスは「ビズリーチ」のことを指します。

 

この記事は次のような方が特に参考になります
  • これから転職活動を始める方
  • 転職エージェント選びに迷われている方
  • 年収が300-600万円台の方
  • 転職活動の目的(年収アップ、働き方の改善など)が明確な方

結論から申しますと、次のように使い分けていただくと転職を成功させる確率がグッと上がります。

年収を上げたい

  • ビズリーチ
    (書類添削用にdodaまたはリクルートエージェントのどちらかを登録)

 

働き方(仕事内容や福利厚生)を変えたい

  • ビズリーチ
  • doda、リクルートエージェント

 

今の職場が嫌ですぐにでも転職したい

  • doda、リクルートエージェント

 

今回ご紹介する転職エージェントは以下リンクより公式HPにジャンプできます。

『ビズリーチ』の公式HPはこちら:https://www.bizreach.jp/

『doda』の公式HPはこちら:https://doda.jp

『リクルートエージェント』の公式HPはこちら:https://www.r-agent.com

このように結論づけた理由は以降の章にて解説します。

 

私自身、2度の転職では異なる目的で転職活動を行いました。どちらも異なる目的を持ち転職活動を進めていく中で、合計10社以上の転職エージェントを利用しましたが、目的によって利用すべき転職エージェントがあることを知り、2度目の転職活動の後半は特定の転職エージェントのみを利用して当時の年収を250万円アップさせることに成功しました。以上の経験を基に転職エージェントにも種類があり、目的により使い分けた方がより転職の成功率をアップすることができることを知りました。

 

この記事では次のこれから本格的に転職活動を始められる方に向けて「ビズリーチの特徴」、「エージェントサービスの特徴」、「【目的別】ビズリーチとエージェントサービスの使い分け・組み合わせ」ご紹介します。

それぞれに特徴がございますが、転職活動では単純に「どちらか一方を利用すればよい」のではなく、複数の転職エージェントを組み合わせていいところ取りをすることで転職レベルを一気にアップできると考えています。

そのため、ビズリーチとエージェントサービスの特徴だけでなく、ぜひ最後の転職エージェントの組み合わせについてもご覧いただけますと幸いです。

 

この記事を読み終えた後に得られること
  • 最短距離で転職活動を終えるための転職エージェントがわかる
  • 自分のペースで転職活動を進める方法がわかる
  • いますぐに転職活動を始められる

 

先に私の転職歴についてお伝えしておきます。

  • 現在、IT企業に勤めている社会人5年目
  • 過去に2度の転職を経験
  • 1度目はスキル、2度目は年収アップを実現
  • 今までに利用した転職エージェントは計10社
  • 現在は外資系コンサル企業の現役SE

 




 

ビズリーチの特徴

ビズリーチ(スカウトサービス)の主な特徴は次のとおりです。

  • 自分のペースで転職活動を進めることができる
  • 年収アップを狙いやすい
  • 長期戦になる傾向が強い

 

ビズリーチの特徴①:自分のペースで転職活動を進めることができる

スカウトサービスの一番の利点は「自分のペースで転職活動を進めることができる」に尽きます。

2回の転職経験から自分のペースで転職活動を進めることの重要性を理解しました。

理由は転職活動は本業やプライベートの時間を削って行うため、「少しでも負荷を減らしいまの暮らしを変えたくない」という人間の欲望との戦いでもあります。

そのため、スカウトメールを受け取り応募するかしないかを完全に独断で決定できる点が精神的なストレスもなく転職活動を進めるポイントになります。

 

一方で、誰からも強制されないため自律心が求められます。スカウトメールを放置したとしても誰からも急かされたりしないので、会員登録だけしてそのまま放置している人も存在します。もし転職活動を始めてみて、今の会社に居続ける方がいいと判断した場合はそのまま放置し、また転職したくなったら経歴を更新しスカウトメールから応募していただければ何ら問題ございません。

 

ビズリーチの特徴②:年収アップを狙いやすい

スカウトメールの求人に応募するかしないかは独断で判断できると先ほど申しましたが、判断基準を明確にすることで縁のない求人を完全にシャットアウトすることができます。

そして、転職活動において最も分かりやすい基準が年収になります。(福利厚生や働き方に関しては面接が進んでいく中で少しずつ把握できるものです。)

そのため、基準となる年収を決めることで基準をクリアしている求人のみ応募し、その中から内定が出た企業に転職することで転職を成功させることができます。

※市場価値とかけ離れた年収を基準にしてしまうとどこも応募できなくなるので、転職活動を始める前にご自身の市場価値を確認しておいてください。(ネットで算出される市場価値の+200万円以内であれば問題ありません

 

ビズリーチの特徴③:長期戦になる傾向が強い

ビズリーチは主体的ではなく受け身の転職戦略になり、スカウトメールが届くまでは基本的に待ちの状態になります。

そのため長期戦になる傾向が強く、実際に私も6ヶ月ほど転職活動を行い選考に進んだ求人数は3つです。(そのうちの一つから内定が出たため、そこに転職しました。)

 

以上の内容をまとめると「ビズリーチ」は次のような方におすすめです!

  • 今の職場に強い不満はないが、もう少し年収を上げたいと考えている
  • 仕事やプライベートを充実させたいので、転職活動の負荷はあまり高くしたくない

 

『ビズリーチ』の公式HPはこちら:https://www.bizreach.jp/

 

ビズリーチについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

【ビズリーチ】20代(新卒4年目)で転職を成功(年収250万円UP)させた私の体験談【ネットの評判は当てにならない】

 

エージェントサービスの特徴

続いてエージェントサービスの主な特徴は次のとおりです。

  • 一人の利用者に対して専任の転職エージェントが付いてくれる
  • 転職活動を強力にバックアップしてくれる
  • 転職に関する知識やノウハウを教えてくれる

 

エージェントサービスの特徴①:一人の利用者に対して専任の転職エージェントが付いてくれる

エージェントサービスは1人の利用者に専任のエージェントが付き添い、転職活動を最初から最後まで全面的にバッグアップしてくれる点が大きな利点になります。※具体的な特徴は後ほど説明

専任の転職エージェントがいるため、不安なことや分からないことはいつでも相談でき、転職活動を一人で進めていくことが不安な方におすすめです。

 

エージェントサービスの特徴②:転職活動を強力にバックアップしてくれる

そして、具体的に全面的なバックアップとは次のようなサービスになります。

  • キャリアビジョンの相談
  • 履歴書、職務経歴書の添削
  • 求人の提案
  • 面接対策や企業分析の手助け

そのほかにも様々なサービスで利用者をバックアップしてくれます。

 

なぜこんなにバックアップしてくれるのかというと、転職エージェントのビジネスモデルに関連しております。

転職エージェントのビジネスモデルを簡単に説明しますと、転職エージェントは利用者から利用料をとることは一切なく、利用者が企業に転職が決まると転職先から利用者の年収1/3程度の仲介手数料(年収450万円の場合、仲介手数料は150万円程度)を得ることができます。

そのため、とにかく利用者を転職させるために全面的なバックアップをしてくれる点がエージェントサービスの大きな特徴です。

 

エージェントサービスの特徴③:転職に関する知識やノウハウを教えてくれる

また、転職に関する知識はもちろんのこと、転職しやすい時期やどのようにキャリアを形成していくと利用者の目標に近いキャリアを進めるかどうかまで相談に乗っていただくことが可能です。

そのため、転職が初めての方はエージェントサービスを利用することで、初めての転職活動でもなるべく負担が少なく成功に近づくことができます。

 

以上の内容をまとめると次のような方は「エージェントサービス」の利用をおすすめします!

  • 転職活動が初めてのため、不安なことが多い
  • 自分のキャリアを一緒に考え、それに見合った求人を紹介して欲しい
  • 面接がとにかく苦手なので、練習相手になって欲しい

 

『doda』の公式HPはこちら:https://doda.jp

『リクルートエージェント』の公式HPはこちら:https://www.r-agent.com

 

 

【目的別】ビズリーチとエージェントサービスの使い分け・組み合わせ

ビズリーチとエージェントサービスの使い分け・組み合わせ①:年収を上げたい

  • ビズリーチ
    (書類添削用にdodaまたはリクルートエージェントのどちらか登録必須)

年収を上げたい方は、ハイクラス(年収が高い)向け求人が多いビズリーチのみで問題ございません。

しかし、企業のヘッドハンターや採用担当者は職務経歴書を見て、スカウトするかどうか決めるため、ビズリーチに登録する前にdodaやリクルートエージェントに登録し書類の添削を実施してください

これは転職に慣れているとしても、自分自身で全てチェック(誤字脱字や文章構成のミス)することは不可能ですので、きちんとダブルチェックしましょう。

 

ビズリーチとエージェントサービスの使い分け・組み合わせ②:働き方(仕事内容や福利厚生)を変えたい

  • ビズリーチ
  • doda、リクルートエージェント

働き方を変えたい方は、ビズリーチとエージェントサービスを組み合わせましょう。

理由は客観的な数値(残業時間や福利厚生)が明確の場合、ビズリーチからスカウトを待つ形でも問題ございませんが、「職場の雰囲気がいい」「オフィスが綺麗」「家から近い」などの条件がある場合、転職エージェントと相談しながら希望の求人を紹介してもらう方がより効率的に多くの求人に応募することができます。

 

ビズリーチのみを利用する方は、あくまでも年収を上げたい場合のみとお考えください。

 

ビズリーチとエージェントサービスの使い分け・組み合わせ③:今の職場が嫌ですぐにでも転職したい

  • doda、リクルートエージェント

今すぐに転職したいという方は、エージェントサービスを複数利用してください

理由は、ビズリーチのようなスカウトサービスではスカウトを待たなくてはいけないため、転職に時間がかかります。一方でエージェントサービスを1つのみ利用する場合でも、転職エージェントのやりとりや紹介される求人数によりあまりスピードが出ません。

このような課題は複数の転職エージェントに登録することで解決します。私のおすすめは最低でも3つの転職エージェントに登録してください。

ご参考までに、過去の記事で年代別におすすめの転職エージェントを紹介しております。

 

3つに登録することで転職活動のスピードが格段に上がり、期間内で選考に進める企業が増えることで最短で1ヶ月以内での転職を実現することができます。

一方で4つ以上に登録した私の場合、各転職エージェントとのやりとりや選考などに増えすぎてキャパオーバーになってしまったので、ご自身が許容できる範囲内で転職活動をするようにしてください。

 

さいごに:転職エージェントは多く登録する分には損をしないが少ないと大損する可能性がある!

この記事では【ビズリーチと大手転職エージェントの違い】と【目的別のおすすめな組み合わせ方】をご紹介しました。

まずビズリーチの特徴は次のとおりです。

  • 自分のペースで転職活動を進めることができる
  • 年収アップを狙いやすい
  • 長期戦になる傾向が強い

 

続いて、大手転職エージェントの特徴は次のとおりです。

  • 一人の利用者に対して専任の転職エージェントが付いてくれる
  • 転職活動を強力にバックアップしてくれる
  • 転職に関する知識やノウハウを教えてくれる

 

そして最後に目的別のおすすめな組み合わせは次のとおりです。

年収を上げたい

  • ビズリーチ
    (書類添削用にdodaまたはリクルートエージェントのどちらかを登録)

 

働き方(仕事内容や福利厚生)を変えたい

  • ビズリーチ
  • doda、リクルートエージェント

 

今の職場が嫌ですぐにでも転職したい

  • doda、リクルートエージェント

 

最後に、転職エージェントはご自身の性格に合っているかどうかも転職活動を進める上でとても重要になってきますので、転職が初めての方はなるべく多くの転職エージェントに登録いただき、その中で相性が良さそうな転職エージェントを3つほど選び、転職活動を進めるやり方が良いと考えています。

 

登録したら最後まで利用しないといけない」、「転職エージェントの連絡を無視してはいけない」などのルールは一切ございませんので、色々と試していただき精神的に体力的に負担のない範囲で転職活動を進めるように意識してください。

そうすれば、時間をかけるとかなり成功に近づくことができます。

 

みなさんの転職活動が成功することを陰ながら応援しておりますので是非頑張ってください。

もし、分からないことや転職エージェント選びに悩んでいるということであればTwitter上のDMからご相談くださいませ。

それでは。